google-site-verification: googlea1ff88c1971f81ae.html

仮想通貨 始め方

仮想通貨の始め方を初心者向けに解説・投資から決済まで

仮想通貨の教習所〜ビギナーさん必見!仮想通貨の始め方教えます

 

仮想通貨には投資だけでなく、決済手段としての使い道がありますが、今回は初心者向けに仮想通貨の始め方を解説させていただきます。

 

 

最初に仮想通貨交換業者にユーザー登録し、口座を開設しなければいけません。日本国内の仮想通貨交換業者は法律にしたがい、正式に金融庁に登録を行った交換業者の中から選択しましょう。

 

 

各交換業者で取扱銘柄の多さや、手数料の負担額などに違いがありますので、比較検討して利用する交換業者を決めます。

 

 

その上でのユーザー登録や口座開設は、交換業者のWebサイト上で行うことが可能です。詳しい手順は各交換業者の公式Webサイト上などに載っていますので、確認しながら手続きを進めましょう。

 

 

なお日本国内の仮想通貨交換業者で共通していることとして、口座をつくるには本人確認が必要であり、運転免許証など身分証明書の画像を提出します。画像は交換業者のWebサイト上でアップロードする形で提出することになるのが普通です。

 

 

また登録時に申告した住所に虚偽がないか調べるため、郵送物が申告した住所に届きます。その郵送物に記載のある認証コードを交換業者のWebサイトのアカウント管理画面で入力することにより、口座開設は完了です。

 

 

開設した仮想通貨交換業者の口座に日本円を入金すれば、あとはその交換業者で好きな銘柄を購入できる状態になります。

 

仮想通貨の教習所〜ビギナーさん必見!仮想通貨の始め方教えます

 

仮想通貨は交換業者のWebサイト上に設置されている販売所、または取引所で売買を行うことが可能です。購入した銘柄は投資目的で大きく価格が上がるのを待つのも良いですし、買った銘柄によっては決済に使っても良いでしょう。

 

 

決済については、仮想通貨での決済に対応している店舗ですることになります。オンラインショップでは支払方法として仮想通貨を選択することを除いて、通常のネット通販と買い物のしかたは変わりません。

 

 

実店舗ではスマホに専用のウォレットアプリをインストールすれば、電子マネーでの決済と似たような形で仮想通貨での決済が可能です。仮想通貨での決済に対応している実店舗やオンラインショップは多く、今後も拡大していくことが予想されています。

 

 

仮想通貨交換業者のユーザー登録や口座開設自体は無料ですので、まずは気軽にひとつ自分の口座をつくるところからスタートすると良いでしょう。

 

 

はじめに口座を開設した交換業者の使い勝手がイマイチと感じるなどした場合には、別の交換業者で口座を無料で開設すれば良いのです。言葉の壁はありますが、ふたつ目の口座は海外の交換業者で開設する選択肢もあります。

 

 

 

GMOコイン

 

GMOコインはGMOインターネットグループが運営する取引所(販売所)で、
FXなどの金融系サービスでの実績を活かした安全かつ快適な取引環境が特徴です。

 

GMOコイン公式サイトへ

 

Zaif

 

業界随一の技術力を持つZaifだから出来る!万全のセキュリティ体制で安心取引。
簡単メール登録。16種類の仮想通貨取扱。コイン積立可能。初心者の方にお勧め。金融庁認可もうけています。

 

Zaif公式サイトへ

 

QUOINEX

 

QUOINEXは、本社が日本に移転しており、グローバルな取引所にもかかわらず
身近な存在となりました。

 

QUOINEX公式サイトへ

BITGAIN

 

             BITGAIN

 

 

 

 

世界発!!レバレッジ500倍の取引所が日本にオープン!!
日本の口座で入出金が可能!
世界一の仮想通貨取引所が平成30年8月25日、立ち上がります!
先行者特権もありますよ!!!

 

BITGAIN公式サイトへ

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本で最も人気のあり、ヨーロッパ進出やリスク上場など今最も信頼性と勢いのある国内仮想通貨取引所です。

 

BitFlyer公式サイトへ

 

 

ビットコイン取引所ならCoincheck強固なセキュリティと圧倒的な分かりやすさで取引高・アプリ利用者数No1!※1
話題のRipple(リップル)やNEM(ネム)などオルトコインの最新価格情報も一目で分かります。
※1(注1)Bitcoin日本語情報サイト調べ(2017年 日本の年間BTC現物取引高)

 

Coincheck公式サイトへ